マッハな生活

自称世界一の心配性が世を憂います。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別
07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSリンクの表示


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


輪違屋糸里

この間「壬生義士伝」の事を書いたので、
ついでといっては何ですが、「輪違屋糸里」もご紹介。
新撰組の芹沢鴨の暗殺のあたりのお話です。

世間一般的にはあまり評判のよろしくない芹沢鴨ですが、
(名前からして鴨ですからね~)この浅田次郎の小説では
才人として好意的に描かれています。そもそも浅田次郎って
あんまり登場人物の事を悪く書かないですよね。悪党でもどこか可愛げが
あって、根っからの悪人はいないんだよって言ってるみたいです。
お人柄でしょうか。

あと、本の題名のとおり「壬生義士伝」に対して「輪違屋糸里」は
女性を中心としたお話の展開になっています。作者も意識的にふたつで
1セットのものとして描いている様で、「壬生義士伝」は
おびな、「輪違屋糸里」はめびな、と話しています。

どちらかというと、僕は「壬生義士伝」の方がお気に入りなのですが、
一方を読むと他方が読みたくなるといった感じでエンドレスな感じです。



スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 浅田次郎 新撰組


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。